過度に適度で遵当な

在日日本人

未完成果

夏に出せれば、と思っていたアニメ劇伴のコピー誌が、結局6月になって内容に納得がいかず、全面書き直ししていたのですが、なんとか冬に出せそうな見込みが立ちました。 冬こそ出せたら良いですね。題「宇宙戦艦ヤマトの音楽がつくる世界」 43頁で頒布価格は…

印象

劇伴音楽はそれだけでカットを象徴する物語を持っています。 純音楽の側からは低く見られることもある劇伴音楽です。しかし、自分のような芸術とは程遠い世界にいる人間からすると、物語をわずかな時間で表現するその構成は、わかりやすく受け入れやすい。往…

企画

昨今はゆるキャラがブームである。 かつて似たような状況がなかったかしら?と思いつつも思い当たる節がなかなかないだけに、どうやらそういうことは無かったのだろう。流行のちからは恐ろしい。テレビ番組を見ていたら有名なゆるキャラを、毎日一度は必ず目…

新歓

大学の新歓期には幽霊がうろついている。男の欲望という名の幽霊が。共産党宣言の冒頭を真似しないまでも、文系大学新歓期において男たちがむき出しにする欲望は、マルクスが述べた資本家の欲望に限りなく近いものがある。自分の欲望に誠実すぎているのか、…

野外

通っている大学の図書館にあるフリースペースで美術研究会が展示を行っていた。 このスペースはお手洗いのわきにあるから、利用したときには展示イベントへとついつい目が行ってしまう。どうやら現代美術の展覧会のようで、それにあまり詳しくはない人間だと…

サークル紹介

サークル「いすかんでやる」で販売している同人誌の在庫に関する情報です。 このページは仮であり、必要最低限の情報のみ掲載しております。【活動方針】 サークル「いすかんでやる」は、 ・「アニメ劇伴音楽」分野 ・「人間の営みと音」分野 ・「住宅団地と…