過度に適度で遵当な

在日日本人で日本初の民間天皇

新歓

大学の新歓期には幽霊がうろついている。男の欲望という名の幽霊が。

共産党宣言の冒頭を真似しないまでも、文系大学新歓期において男たちがむき出しにする欲望は、マルクスが述べた資本家の欲望に限りなく近いものがある。自分の欲望に誠実すぎているのか、理知が束ねる学府に通っていることをもはや忘れてしまったかのごとく忠実です。一種の祭ととらえているのでしょうか。しかし一言で済まされないレベルの話を多々耳にすることもある。何が言いたいかというと、要するに昨今話題の某テニサー事件です。


男子大学生が新歓に連れ込んだ1年生の女子学生を集団で乱暴する、といえばすぐに思い浮かぶのはスーパーフリー事件でしょうが、みなさんもご存じのとおり、おおもとになったサークルは例の大学にあります。事件発覚後に取り潰しになったとは聞きますが、それ以外にも輪姦に励んでいたサークルで表ざたにならなかったものでは、いまだに存続しているのもあります。加えてあの大学では生協などの過激派左翼を追い出すほうに当時はリソースを注いでいたので、そういった側へはなかなか手が回らなかったのも現実としてあるのではないだろうか。そのツケをいま支払っているようです。しかしイメージしか戦略的な売り物がない大学ですから、志望校を決めるこの時期にやらかしたとなると、これからが大変でしょう。これからの大学の対応は見物必須です。

ところで、慶應大学医学部や東京大学へ進学しテニサーに加入している知人たちと時たまあうと、「このあいだは何人とヤったハメた」だの話題が際限となく出てくる。それを聞くたびにしかめ面にならざるを得ませんが、どこに行こうともこの手のサークルの一つや二つは必ず存在している。今更新歓アドバイスなどをのたまうわけではなく、あの手のサークルはなんとしても女の子を呼び込むべく様々な工夫をこらしているものです。それはまるで虫を狙うウツボカズラのごとく。そして嵌まれば最後。いただかれる運命が待っている。


確かにそういう行為に手を染めている男は厳しく断罪されてしかるべきです。まさに男の恥さらしである。だけれども、酷かもしれませんが、こういう現実があることを知ったうえで、自分自身を防衛することを女の側も頭に入れておかないといけないでしょう。全部が全部とはいえませんが、こういう痴的なことを考える男は自分の想像以上に生息していて、そいつらは徒党を組んでいる。どこであなたを狙っているかはわかりません。頼りになるのはあなたの勘のみです。心細くもなるでしょう。ではどこに行けばよいのか。性欲を柔軟?にあやつり、女性を見かけでもいいから尊重し、おとなしい男性がそこそこ集まっているサークル。そんなサークルはないものか。





と考えてみると実は女子大生からは圧倒的に不人気であるオタクサークルが実はいちばん安全という話になってしまいました。どうにも腑に落ちることのない、妙な話です。