過度に適度で遵当な

在日日本人

原盤を探して

日本の街を歩いていると、正時あるいは夕方の時間になると音楽が響き渡る。こうしたチャイムを耳にすることが多いと存じます。たとえば、12時になると「恋は水色」や「エーデルワイス」。夕方になると「夕焼け小焼け」、「家路(新世界より・遠き山に日は落…

ラブライブ!東京ドーム公演の決まった過程を推察してみる

※読了までに約10分要します 【概要】 本投稿では、ラブライブ!東京ドーム公演が決定した過程について考察を行った。 テレビアニメ放映告知に関する時期や、ライブの動員数から、 ・劇場版の結末:2013年11月末辺りに決定 ・ドームの予約:仮予約が2015年2月…

「宇宙戦艦ヤマト2199」劇伴音楽判別に伴う分類

「宇宙戦艦ヤマト2199」劇伴音楽判別に伴い、個人で使っている用語です。実際の製作現場では新曲を指して「Nナンバー」としているようですが、音楽作曲の観点から「踏襲」や「独自」であるかに焦点をあて、分類いたしました。 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方…

和食デニーズ

和食デニーズというデニーズがかつて営業していたチェーンがありました。詳しい記憶はだいぶ薄れてしまいましたが、いわゆる定食メニューをちょっとおしゃれにした感じだった覚えがあります。ここはご飯はおかわり自由、確か味噌汁もそうであったような?住…

秋が来た。

暦の上では秋が来ました、と言われてもそれは旧暦ですから1ヶ月早いわけで、今頃が本当の暦の上では秋が来ているはずなのです。ところがそれであっても一歩外に出ればセミの大合唱で家の中は冷房の必要は無くなったとは言えゴキブリが闊歩している。昔はよか…

未完成果

夏に出せれば、と思っていたアニメ劇伴のコピー誌が、結局6月になって内容に納得がいかず、全面書き直ししていたのですが、なんとか冬に出せそうな見込みが立ちました。 冬こそ出せたら良いですね。題「宇宙戦艦ヤマトの音楽がつくる世界」 43頁で頒布価格は…

印象

劇伴音楽はそれだけでカットを象徴する物語を持っています。 純音楽の側からは低く見られることもある劇伴音楽です。しかし、自分のような芸術とは程遠い世界にいる人間からすると、物語をわずかな時間で表現するその構成は、わかりやすく受け入れやすい。往…

企画

昨今はゆるキャラがブームである。 かつて似たような状況がなかったかしら?と思いつつも思い当たる節がなかなかないだけに、どうやらそういうことは無かったのだろう。流行のちからは恐ろしい。テレビ番組を見ていたら有名なゆるキャラを、毎日一度は必ず目…

新歓

大学の新歓期には幽霊がうろついている。男の欲望という名の幽霊が。共産党宣言の冒頭を真似しないまでも、文系大学新歓期において男たちがむき出しにする欲望は、マルクスが述べた資本家の欲望に限りなく近いものがある。自分の欲望に誠実すぎているのか、…

野外

通っている大学の図書館にあるフリースペースで美術研究会が展示を行っていた。 このスペースはお手洗いのわきにあるから、利用したときには展示イベントへとついつい目が行ってしまう。どうやら現代美術の展覧会のようで、それにあまり詳しくはない人間だと…

サークル紹介

サークル「いすかんでやる」で販売している同人誌の在庫に関する情報です。 このページは仮であり、必要最低限の情報のみ掲載しております。【活動方針】 サークル「いすかんでやる」は、 ・「アニメ劇伴音楽」分野 ・「人間の営みと音」分野 ・「住宅団地と…